裏側からの矯正

裏側からの矯正

 舌側(ぜっそく)矯正、あるいは リンガル矯正(Lingual:「舌側」の英語名)とも呼ばれます。

 「見えない矯正ならば、治療を考えてみたい」という相談は多く寄せられます。職業柄オモテの矯正が禁止されているかた(キャビンアテンダント)や、コンタクトスポーツをなさるかた(空手etc.)は積極的にウラの矯正をお選びになります。オモテにするかウラにするか決めかねるかたには、コンビネーション(ハーフリンガル)という方法があります(下の写真)。上の歯はウラから矯正をおこない、下の歯はオモテから矯正をおこなう方法です。この方法であれば、装置の見た目も気になりませんし、費用も抑えることができます。