矯正中のむし歯予防

矯正中のむし歯予防

 むし歯予防について、これまで私たちは、目の前の病因に気を取られて「歯みがき指導」や「フッ素の使用」といった管理的なアプローチに目を奪われがちでした。しかしそのようなアプローチで本来の原因を見つめることなく健康を作り上げようとしても、結局は再発を繰り返してしまうことも、私たちは経験してきました。むし歯の背後には生活習慣病としての問題が見え隠れしており、その予防のためには「むし歯をつくってはいけない。」という気づき(行動の変容)が大切になります。

むし歯の97.7%は予防が可能

 むし歯予防学(カリオロジー)の権威であるスウェーデンのアクセルソン博士は、根拠に基づいた研究によって「むし歯の97.7%は予防が可能」と結論づけました。矯正装置が入るとむし歯リスクは高まりますが、カリオロジーに基づく予防を正しく実践すれば、矯正中であっても97.7%のむし歯予防は達成可能と私は考えています。3歳児のむし歯保有率は1本未満となり、「むし歯が1本もない」子供が多数を占める時代を迎えました。むし歯がたとえ1本でもあれば、それがすでに治療ずみであっても、そのおくちのなかは他の人に比べて「なりやすい」環境であることを示しています。「気づき」が入らず、同じような食習慣・歯磨き法を続けたまま矯正治療に進むと、矯正中にむし歯が発生するリスクが高まります。

 当クリニックでは個々の状況に合った、かつ継続できるむし歯予防法を提案しています。一緒に励まし合いながら、「むし歯ゼロのきれいな歯ならび」を手に入れて、成功体験を私たちと共有しませんか。